読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い立ったが吉日

好きなものを好きというために

とある商店街のロースかつ定食

研修期間中は午前中は職場で仕事して、午後から研修先に行くことになっています。昼食は節約のためにお弁当持参して職場で食べてから出ていたのですが、折角なんだし外で食べてきなさいと先輩方より。じゃあお昼代出してくだs

 

でもまあ現在の場所でも研修もあと2日となって、周りのお店も気になっていたので本日の昼食はどこかのお店で食べることに。最寄り駅に着くまでにネットで調べて、一番気になった店に行ってみました。

 

f:id:citrusmoon0505:20170126212815j:image

本当はお店の名前も書きたいのだけれど、文章で書くと研修先とかもばれてしまいそうなので泣く泣く割愛。とんかつ屋さんに入ることにしました。扉を開けたら満員だったのですが、丁度食べ終わったお客さんと入れ替わることに成功。カウンター席へ。お客さんは男性の方と家族連れで、女性一人は私だけだったけれど、入りにくい雰囲気は無かったです。

 

f:id:citrusmoon0505:20170126212745j:image

ロースかつ定食 1400円

空腹だったこともあり、がっつり食べたかったのでロースかつ定食を注文。しかし周りを見たら結構なボリュームのようだったのであわててご飯を少なめにしてもらいました。ご主人がかつを揚げていて、出来上がるタイミングで店員さんに声をかけてご飯とか付け合わせを運んでもらうかたちのようです。ご飯、しじみのお味噌汁、お漬物にひじきの煮物が先に到着しました。

 

f:id:citrusmoon0505:20170126212817j:image

そしてカウンター越しに、ご主人より主役のロースかつが手渡される。「美味しいよー」と声をかけて頂きながら。早速一口食べたらその美味しさに吃驚。揚げたてのカツは衣はサクサク、お肉はジューシー。一口目は一瞬で消えました。ソースはお好みでかけられるように用意されているのですが、揚げたてはその肉の油の旨みでソース無しでも美味しい。なのでお皿の端っこにソースを少しだけ盛って、好みで付けながら食べました。からしは……これ、ほんのちょっと付けただけでも鼻から辛さが抜けるくらい辛かったので、辛いの苦手な私はあまり使いませんでした。そんなこんなで夢中で食べ続けてあっと言う間に完食。ご飯少な目にして正解でした。お腹いっぱい。

 

食べ終わってから、ご主人に本当に美味しかったことをやや興奮気味に伝える。「愛情入れているからねー」とご主人。思わず笑ったら隣の男性客も笑っていた。常連さんかしら。いいなあ、こういうお店が近くにあるって。

 

「機会があったらまた来てね」とご主人が扉を開けてくれて、お礼を言いながらお店を後にしました。本当、是非ともまた来たいお店でした。ごちそうさまでした。